大阪府大東市扇町6-22メルベーユ扇町1階

まつおかクリニック

ピロリ菌検査(尿素呼気試験)

ピロリ菌検査

尿素呼気試験とは、体内(胃内)のピロリ菌の感染の有無を調べる検査です。 検査薬を服用する前後に呼気を採取する簡易な検査です。

  • ピロリ菌検査 尿素呼気試験 ・・・4,500円+税

血液がん検診

血液腫瘍マーカー検診

採血で、がんの腫瘍マーカーを検査します。これらのマーカーは、腫瘍の存在を知る手がかりになります。数十種類ある腫瘍マーカーには、ある特定のがんに反応するものといくつかのがんに反応するものがあり、何種類かを組み合わせて検査します。
(がんが存在しても必ずしも増加するわけではなく、またがん以外の病気でも増加することがあります)

  • 腫瘍マーカー3種【男性】CEA+CA19-9+PSA・・・・・・・・・・・・・・・ 4,700円+税
  • 腫瘍マーカー4種【女性】CEA+CA19-9+CA125+CA15-3 ・・・・・・・・・6,100円+税
  • 腫瘍マーカー5種【男性】 AFP+CEA+CA9-9+SCC+PSA ・・・・・・・・・・7,700円+税
  • 腫瘍マーカー6種 【女性】
    AFP+CEA+CA9-9+SCC+CA125+CA15-3・・・・・・・・・・・・・・・・ 9,100円+税
  • 腫瘍マーカー6種 【男性】
    抗p53抗体+CEA+CA19-9+CYFRA+SCC+PSA・・・・・・・・・・・・・・ 9,200円+税
  • 腫瘍マーカー7種【女性】
    抗p53抗体+CEA+CA19-9+CYFRA+SCC+CA125+CA15-3・・・・・・・・10,600円+税

主な腫瘍マーカー

名称 特徴 基準値
CEA 大腸がんなどの消化器のがんをはじめ、肺、卵巣、乳がんなどで高値になります。喫煙や炎症性疾患、肝硬変、糖尿病で高値になることもあります。 5.0ng/ml以下
CA19-9膵臓がんをはじめ、胆道、胃、大腸のがんなど、主に消化器のがんで高値になります。37.0U/ml以下
CA125卵巣がんで高値になりやすく、その他子宮体がんや、膵臓、胃、大腸などのがんで高値になることがあります。子宮内膜症、月経、妊娠、肝硬変、膵炎などでも上昇します。35.0U/ml以下
CA15-3乳がんに特異性が比較的高く、主に乳がんの治療効果の判定や経過観察に用いられています。25.0U/ml以下
AFP臓器特異性の高い腫瘍マーカーで、肝がん、卵巣や精巣の胚細胞がんで高値になります。まれにAFPが高くなる胃がんもあります。慢性肝炎や肝硬変、妊娠などでも値が上昇します。10.0ng/ml以下
SCC主に、肺や食道、子宮頚部の扁平上皮がんで高値になります。皮膚の病気で増加することもあります。1.5mg/ml以下

診療科目

まつおかクリニック

診療時間
午前08:45 - 12:00
午後13:00 - 16:00 訪問診療
午後17:00 - 19:30
休診日
木曜と土曜の午後・日曜・祝日
所在地
〒574-0033
大阪府大東市扇町6-22
メルベーユ扇町1階
電話番号
072-813-0358
FAX
072-813-1358

アクセスマップ

ページのトップへ戻る